パートから正社員に転職するノウハウ

パートから正社員に転職、退職理由は?

パートから正社員に転職する際の退職理由は様々です。
家庭の事情などで、収入アップを余儀なくされる場合、安定感を求めるのは当然のことでもあります。また、子育てなどを終えて、生活面で時間的なゆとりができた場合は、空いている時間の有効活用として、フルタイムで充実した日々を送ろうと考えるライフスタイルの見直しとしての理由もあります。

そのような中で、最も多い理由は、パートのままでは自身の能力を最大限に発揮することができないととらえるものがあります。パートとしての身分では、所掌範囲にも制約がかけられており、働く者の声が反映されない面があります。発言力を高め、正社員と同じ目線に立って仕事をこなしながら、企業への貢献度を高め、自身としても更なる技能や知識のスキルアップを図ろうとする前向きな姿勢は、雇用側としても望むところです。

パートから正社員に抜擢されるケースは、登用制度を敷いている企業以外には難しさが伴いますが、その積極性を伝えていくことは大切です。

パートから正社員に転職、志望動機は?

実際になぜパートから正社員に転職したいのかは人それぞれ理由があるでしょうが、だいたいは安定していそうなイメージがあったり、社内での立ち位置であったり、給与面などでしょう。このような理由でパートから正社員を目指す人は多いです。

しかし、これらの都合は企業からすれば関係のないことです。というのも、たとえば、責任をもって仕事に貢献したいといった理由であれば、企業へのプラスポイントになりますが、安定したいとかという理由は企業のためというよりは完全に個人的な理由です。しかし、これらのことを言ってはいけないというわけではないです。
志望動機のなかに入れるのは良いです。しかし、合わせて企業にとってプラスになる理由も入れておくと良いでしょう。

また、安定と言っても、正社員だから安定するというわけでもないです。特に今の時代はその傾向が強いことは周知の事実でしょう。
このような観点から、個人での市場調査とスキルアップは考えた方が良いです。

パートから正社員に転職、自己PRは?

パートからでもそうでなくでも自己PRに違いは特にないでしょう。自分が受けた職種になぜ向いているのかということをアピールしたいわけなので、自分の能力や性格と、その職種の業務内容がいかにマッチしてるかを説明すればよいです。

人事にとっては、転職希望者が入社したあとにやっぱり違ったからやりたくないと思ってしまうことをもっとも避けたいと考えています。そうなってしまうと、会社にとっても転職してきた人にとっても不幸だからです。大きくわけると営業、事務、エンジニア、販売、などがありますが、これらでは自分の性格となぜ合うのかが説明しやすいでしょう。たとえば、販売なら接客が好きというので問題ないでしょう。コミュニケーション能力というのは、面接で話している感じでわかるので、アピールするならよく気が付いて気配りが得意といったことをアピールするのが良いです。

パートから正社員になるのであっても、その職種の特性によく合ったアピールをすれば大丈夫です。

パートから正社員に転職、職歴はどう書く?

パートから正社員になるために転職していると、つまづくのが履歴書の書き方。パート経験しかない場合は、どのように職歴を書くべきかとまどってしまいます。

パートとして働き続けてきたけことがデメリットになるのではないかと、マイナスに考える必要はありません。職歴がパートばかりでも、書き方次第で魅力的に演出できます。パートの経験がありすぎて書ききれないという場合は、希望する業界・職種に活かせそうなパート経験をいくつかピックアップします。ある程度統一性を持たせてピックアップすると、書きやすいです。

そして、ピックアップした仕事の就業期間や会社名、部署や職種を端的に書きます。そのパートをすでに辞めている場合、理由を短く書き添えておくことも大切です(一身上の都合など)。すぐに辞めてしまったパート正社員経験がない場合、採用の合否を判断する材料となる大きなポイントは、今までパートでどのような仕事をしてきたかということです。パートで身につけたスキルをうまくアピールすることに繋がれば、パートから正社員への転職も難しくありません。

パートから正社員に転職、おすすめの方法は?

パートから正社員に転職するということは、もともと働いていた企業でなぜ正社員にならなかったのかということを質問される可能性があります。それは人によってそれぞれ理由があるでしょうが、前向きな理由な方が良いです。

たとえば、今受けている企業の魅力を言うなどです。この魅力というのは、理念がどうこう言うのは辞めておいた方が良いでしょう。かなり浅い感じになりますし、言うことがなかったから適当なことを言っているよな印象を受けます。

そしてパートから正社員になる場合は安定などの理由があるかもしてません。しかし、現状はそれで安定するとも言えません。個人のスキルを高めることが一番の安定への近道となります。
そして、実際に求人を探す方法ですが、ネットが一般的にでしょう。ハローワークという選択肢もありますが、ハローワークは空求人も多く、行政サービスなので職員もそれほど企業の実態を把握していません。
なので民間のサービスの方がクオリティが高いです。

女性向けの転職サイトや転職エージェントのまとめ記事
女性におすすめの転職サイト18社を正社員向けや20~40代の年齢別に比較